輸入コンテナからブラジルの毒グモを捕獲

 04/25/2015 : 746 Views

ブラジルからの花崗岩と敷石を積んだコンテナから、2匹の毒グモが発見された。1匹は足の長さが3.5インチもあった。 クモの1匹は13日月曜日にコンテナで捕獲された。検疫・国境警備局の職員は、積み下ろし中だったコンテナを密閉した。

 

捕獲されたクモは、州農務省の昆虫学者に提出された。 16日木曜日、別のクモが同じ積荷の別のコンテナから発見された。このクモは、コンテナを積み下ろしていた作業員によって殺された。クモは潰されてしまったので、はっきりと確認することができなかったが、作業員は「ブラジリアン・ワンダリング・スパイダー」の写真を見て、殺したクモは同じように見えたと述べている。このコンテナも密閉され、検疫を受けた。

 

州農務局植物検疫課は、輸入業者と協力してコンテナをブラジルに返送したと新しいニュースリリースで発表されている。 「侵略的外来種がハワイに侵入するのを防ぐため、連邦政府と州の検疫の間で提携する努力の重要性を、この事件で痛感しました」ハワイ農業委員会のスコット・エンライト委員長は述べている。「私たちはそれぞれ悦の検査エリアと義務がありますが、州を守るためには相互のコミュニケーションが重要です」

 

ブラジリアン・ワンダリング・スパイダーは、南アメリカのほとんどの地域に子息しているが、北アメリカには繁殖していない。このクモは世界で最も毒素の強いクモの1種であり、足の長さは5インチにまで成長すると、州はプレスリリースで説明している。このクモの毒は、血圧と心拍数を上げ、嘔吐や視力を弱め、刺された場所に強い痛みをもたらす。 ウェブサイトの情報によると、このクモは昆虫や他のクモ、トカゲや小型げっ歯類を捕食するという。 侵略的外来種に関する通常は州のホットラインまで。643-7378


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事