走行中の車からの発砲、殺人未遂に認定か

 11/03/2018 : 127 Views

警察は、10月21日にワイキキの路上で、18歳の男性が走行中の車から発砲され、殺人未遂事件として捜査している。警察によると、その男性は、午後9時27分頃デュークス・レーンとカラカウア・アベニューの交差点で、仕事の休憩中に知らない容疑者によって車から銃撃された。 容疑者は青いトヨタで逃走した。被害者は、車種はカムリかアバロンであったと証言し、重体で病院へ搬送された。容疑者は逮捕されていない。

 

(日刊サン 2018.11.03)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事