自閉症客が快適な旅ができるように イベント開催 ホノルル空港

 04/16/2016 : 599 Views

9日土曜日の午後、自閉症の家族を持つ30家族以上が参加し、航空機に搭乗の際、空港で通過する一連の手続きで、実際に慣れてもらうための旅行のテスト練習を実施した。  ハワイアンエアラインは、ホノルル空港で自閉症団体のイベントを主催している。ハワイ自閉症施設や、イベント参加者がセキュリティーチェックも行うことからTSAも協力している。

 

これは知的障がいや発達障害のある人たちとその家族、そして空港のプロたちによる旅行のリハーサルのようなものだ。

 

「自閉症のお客様たちが、旅行中さらに快適にすごせることを願い、また我々もお客様たちがどういったことを必要としているのかを、より理解するきっかけになります」とハワイアン航空社長兼CEOマーク・ダンカーリー氏は述べた。

 

家族たちは実際に飛行機に搭乗し、荷物をしまい、席に着き、離陸時の説明に聞き入っていた。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事