聴覚障害を持つサンタ 特別イベントで子供達を笑顔に

 12/17/2016 : 576 Views

8日木曜日にハワイ中から集まった100人以上の聴覚に障害を持つ生徒たちが“難聴のサンタ”に会いにパールリッジショッピングセンターを訪れた。

 

第25回目となる難聴のサンタプログラムは、幼稚園生から6年生までの聴覚障害を持つ生徒や聴覚と視覚共に障害を持つ生徒、難聴の生徒達のために創設された。 このプログラムに参加している学校は、ケアアウ小学校、ワイマル小学校、ポマイカイ小学校、レフア小学校、ハワイ聴覚視覚障害者学校だ。

 

参加した生徒たちは、パールリッジエクスプレスに乗車し、サンタと会い、ライブエンターテイメントを楽しんだ。 「生徒たちにとって、同じようなバックグラウンドと状況を抱えた仲間たちと集まり共に過ごす機会です」とイベントに6名の生徒を引率してきた、ハワイ島のケアアウ小学校校長のロン・ジャーヴィス氏が話す。「私達は島内の貧困率が高いエリアから来ました。

 

中には旅行をする機会も無い生徒達もいるので、空港に到着した瞬間から彼らは興奮しています」


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事