老舗アートギャラリーで、手のひらサイズのミニチュアアート展

 12/12/2017 : 432 Views

 ホノルルの老舗アートギャラリーで今年も恒例の“MATCHBOX PLUS”(マッチ箱プラス)と題したミニチュアアート展が始まった。  1887年創業のCedar Street Galleriesには、350人を超えるアート作家が登録している。オーナーのマイク・シュナックさんによると、

「ハワイ出身のアーティストが中心で、世界各地で活躍している人も多くいます。毎年ホリデーシーズンから年末にかけて行うMATCHBOX PLUSU展は、小さなアート作品展です。2階のギャラリーの3つの壁一杯に150人ほどのアーティストが1〜2点の絵画や立体作品などを展示、販売しています。この一年の自分へのご褒美や、大切な人へのギフトに購入しやすいサイズですよ」

 

気さくなオーナーのマイクさん

 

 平面の絵画なら、最大72インチ四方、12cm×15cmほどの手頃サイズだ。中にはもっと小さな作品もあって、初日のレセプションでは、鼻先をくっつけるようにして熱心に鑑賞していた。アーティストの一人、画家のリオ•スズキさんは、

「私は2作品のモダンアートをエントリーしました。アクリルパネルにアクリルペイントや特殊な技法を使った絵画です。小さい作品ならではの存在感や親しみ、精緻な表現を楽しんでほしいです」

 

右が画家のリオ・スズキさん。KCCコアギャラリーのマネージャーのアリーナさんとともに

 

 会期は12月30日まで。月、水、金曜10am〜5:30pm、火、水、土曜は4pmまで営業。 住所:817Cedar Street 電話:866-498-7700 http://www.cedarstreetgalleries.com/gallery_info.html (取材・文 奥山夏実)

 

(日刊サン 2017.12.5)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事