第24回ホノルル・フェスティバル 巨大花火が夜空を飾る

 03/18/2018 : 350 Views

@Yi-Chen Chiang / Shutterstock.com

 

今年で24年目を迎えたホノルル・フェスティバルは11日夜、巨大花火とパレードでフィナーレを飾った。このイベントは日本とハワイが文化交流をする中で、共に平和を願う趣旨で開催されている。

 

主催団体からは2018年が日本人がハワイに移民して150年目を記念する年であることも掲げられた。3日間に渡って様々な展示や工芸、フードが提供され、数万人が足を運んだ。今年のテーマは「海を越えた調和、平和への旅」で、最新鋭の花火が友情と平和を追求するストーリーを描いた。午後8時30分から約20分間、数百発の花火がワイキキの岸から打ち上げられ、花火に合わせた音楽とナレーションがハワイアン105.1KINEで放送された。打ち上げ前の午後4時30分から8時までには、カラカウア・アヴェニューを一部閉鎖し恒例のパレードを開催。恒例の、火を吹きながら練り歩く迫力の「ホノルル大蛇山」も登場した。

 

(日刊サン 2018.03.18)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事