私立探偵マグナム 舞台となった家解体

 04/14/2018 : 30 Views

1980年代に人気を博したドラマ『私立探偵マグナム』の舞台として有名な『ロビンの家』が取り壊された。

 

ワイナマロに建つ8900スクエア・フィートの豪邸の解体許可は3月に発行された。解体時にはその様子をドローンが撮影。跡地には一切の建物が残されず、がれきの除去を行う間は黒いフェンスで囲われている。最初に解体計画が浮上したのは、870万ドルで住宅が売却された2015年。この歴史的な邸宅が市場に出た際には「大規模な修繕が必要」と評価されていた。この豪邸が建てられたのは1933年で、それ以来はハワイのランドマークとして有名に。Hawaii-Five-Oを含む様々な映画やドラマの舞台となった。この土地の今後の予定はまだ明らかになっていない。

 

(日刊サン 2018.04.14)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事