独立記念日、ハワイ全土で火災発生

 07/12/2015 : 810 Views

ハワイ全土で、炎の7月4日となった。

 

オアフ島では、キャンベル工業地帯のくず鉄所で火災が発生。またロイヤル・クニア・カントリークラブの近くの雑木林でも火事が起こった。

 

マウイ島では、キヘイ地区のハッピーヴァリーの一軒家で火災。

 

カウアイ島では、すべてが独立記念日に起きたわけではないが、やはり雑木林が火事となった。

 

キャンペル工業地帯の火事に関しては、鎮火に数日かかる模様。

 

消防隊は、午前5時前に火事の通報を受け、約20人の消防隊員が現場に急行。すでに山積した携帯電話と金属に火がついていた。積まれたスクラップは、面積にして40,000スクエアーフィート、高さ40フィートにまでなっていた。

 

火災が発生したのちに、風向きの影響で、煙が沖合に流れていった為、警察がバーバーズ・ポイント付近のビーチでキャンプをしていた人たちを避難させた。キャンパーたちは、風向きが変わった後、キャンプ場に戻る許可がおりた。

 

建物への被害はなく、怪我人もいなかった。火災の原因は不明である。

 

ロイヤル・クニア・カントリークラブの火災では、7月4日土曜日の午後にクニアロードの一部を閉鎖した。

 

同日午後2時には、マウイ島の消防隊が、モイ・パレスとピイラニ・ハイウェイの間の雑木林が火事になっていると通報を受けた。消防隊員の到着時には、2〜3エーカーが炎に覆われ、ハイウェイはすぐに閉鎖された。

 

そして、ちょうど4時をまわった頃には、最初の火災から南へ150ヤードほどの場所で、別の山火事が起きているという通報をうけた。消防隊はすぐにかけつけ、幅40フィート長さ400フィートの炎の消火作業にあたった。

 

放火の疑いがあると考えられている。

 

また同時期に、キヘイ地区のハッピーヴァリーの民家でも火災が起きた。

 

平屋の家の中で、住人ら4人が食事の支度をしている時に、煙の匂いがしたので確かめると、家の外で火の手が上がっているのがわかり、すぐに逃げ出したという。

 

ワイルク消防隊は、12:47分頃到着し、午後1:42分には鎮火した。

 

この火災による損失は、建物およそ$100,000と、家財道具など$15,000となっている。怪我人や近所の家屋への被害はない。火事の原因は、不明である。

 

またカウアイ消防署には、2日木曜の夜から4日土曜の朝にかけて、5件の小規模な山火事の通報があった。

 

いずれも消防隊が鎮火し、負傷者もおらず、建物への被害もなかった。

 

 

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事