溶岩流が600フィート前進

 03/09/2015 : 557 Views

キラウエア火山の溶岩流が、3月7日火曜日朝、止まっている流れの先端の南側面に沿って約200ヤード前進したことを、ハワイ・カウンティ民間防衛局が報告した。

溶岩流の先端は、ハイウェイ130号線の西または山側0.8マイルの地点にあり、これがこのエリアでの最も大きい流れである。

これらの活動から、噴火が依然活発であることがわかる。

しかし、パホアに差し迫った危険はないと民間防衛局は伝えている。

ハワイアン火山観測所によると、6月27日に始まった溶岩流の先端は、パホア警察・消防署の西、ハイウェイ130号線から約550ヤードのままである。

止まっている先端の後方、斜面での溶岩の発生は、ほとんんどがすでに流れた溶岩流の中で起こっているため、新たに地面を覆ってはいない。

先週発生した新しい溶岩流によって、小さな山火事が起こった。

静止している先端の北側は、現在も活発に活動している。しかし動きは緩慢であると科学者は土曜日に報告している。こちらの流れの先端は、130号線から約1マイルである。

溶岩流先端の南側、マラマ・マーケットから約0.5マイルの位置で続いている活動は、マーケットに向かって前進してはいないが、横に広がっている。

カオヘ・ホームステッドの西側では、溶岩の発生が点在しており、この1か月活発な活動を続けていると、観測所はウェブサイト上で報告している。

弱い北西の風のため、日曜日の煙の状態は穏やかだった。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事