溶岩の先端、依然道路まで0.5マイル

 01/12/2015 : 458 Views

キラウエア火山から流出している溶岩流の先端と南端は、19日金曜日以来前進していないことが、ハワイ民間防衛局によって発表された。

溶岩流の先端は、ハイウェイ130号線とパホア・ヴィレッジロードの交差点から0.5マイルの斜面に留まったままである。

先端から約300ヤード後方の斜面では、表面の溶岩活動と、溶岩の流れが広がっている場所がいくつかある。

溶岩流の北部分、先端から約1.5マイル後方には、2つの流れが発生しており、現在も活発な活動を続けている。土曜から日曜にかけて約90ヤード北方に前進したと民間防衛局は報告している。

斜面での溶岩活動は、地域住民に差し迫った危険をもたらしてはいないと民間防衛局はウェブサイト上で述べている。

弱い貿易風が、煙を南西に運んでいる。

金曜日、当局はパホア・トランスファー・ステーションの溶岩見学エリアの開放時間を変更した。現在は毎日午前10時から午後430分まで市民に開放されている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事