最高裁はハワイ教会の マリファナ法に対する控訴を棄却

 12/03/2016 : 578 Views

連邦マリファナ法の適用除外を望んでいる、ハワイのネイティブアメリカン教会からの控訴を、最高裁判所は受理しない構えだ。 下院裁判所では、法で大麻の所持と配布を禁止する事は教会員が宗教活動を行う権利の干渉にはならないと、28日月曜日に判決を下した。

 

ハワイのオクレヴェハ・ネイティブ・アメリカン教会は、信教の自由回復法の下、2009年にマリファナ法の非適用を求める訴訟を起こした。教会のリーダーは、創造主との関係を取り戻すための儀式、スウェットロッジセレモニーで教会員のマリファナの使用許可を主張していた。 地方裁判所は判決の中で、マリファナの恩恵を強く信じているという以外に信仰の十分な証明をしていないと表明した。 連邦巡回区控訴裁判所もこの判決を支持した。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事