日本姉妹都市 貴重な鯉を贈呈

 03/19/2016 : 467 Views

シェラトン・ワイキキは、13日日曜の午後、新たな注目すべき住人を迎えた。 ホノルルと姉妹都市である新潟県長岡市の森民生市長は、25匹の貴重な錦鯉をホテルの鯉池に寄付をした。

 

伝統として、長岡の人たちは、タンパク質をとるために食用の黒鯉を育てていた。しかし200年前のある日突然変異した赤い鯉が生まれた。それ以来ブリーダーたちは、100種類の鯉を生み出し、海外へ輸出している。

 

錦鯉はまた生まれつき攻撃的ではなく、常に和を大事にする、しかも、養殖された鯉が、他の場所から同じ水槽もしくは池に突然一緒にいれられたとしても、仲良くすることから、平和の象徴として知られている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事