新インターナショナルマーケットプレイス レストラン発表

 08/06/2016 : 538 Views

ワイキキのインターナショナルマーケットプレイスは先ごろ、マイケル・ミナ氏のストライプステーキやロイ・ヤマグチ氏のイーティング・ハウス1849、ミシェラン星を獲得した中国飲茶レストラン&ティーハウスのヤウアチャなどのレストランが入ると発表したが、新たにソーシャルダイニングがコンセプトのヘリンボーンと和風レストランのバクが3階のグランドラナイにオープンすると公表した。

 

カリフォルニアやラスベガスにも展開しているヘリンボーンは、新鮮な海鮮と高品質の肉を提供。味覚に優れた消費者に一段と新鮮で優れた食材を提供する戦略で顧客から高い支持を得ている。

 

一方バク・レストランは、イースト・ミーツ・ウエストがコンセプトで、寿司、刺身、ラーメンや炉端焼きといった伝統的和食に今風のデザートを提供する。 この2店舗で、センターのディベロッパーが計画した全10レストランが揃う。 トーブマングループのウィリアム・S・トーブマン氏は「すでに発表した強力なレストランと共に、この2ブランドが加わることでレストランコンセプトは完璧となる。これによってインターナショナルマーケットプレイスは、さまざまなブランドで、ユニークなダイニング、世界最高クラスのショッピング、エンターテイメントのワンストップショッピングになる」と語っている。

 

これらのレストランに加えて、カジュアルなダイニングスポットを提供するフードホールのザ・ストリートにも、フラワー&バーリー、ごま亭、コナコーヒー・パーボイヤーズ、コナ・グリルなどが参入する。 インターナショナルマーケットプレイスは、8月25日にオープンする予定で、ダイニングと高級小売店の客用に700台の駐車場を用意している。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事