戦没者を悼むアメリカの祝日、メモリアルデー

 05/27/2017 : 2704 Views

ランタンフローティング・セレモニー(灯篭流し)

5月29日(月)6:30pm アラモアナビーチパーク・マジックアイランド

無料駐車場:ハワイコンベンションセンター(無料送迎3:30pm~)

http://www.lanternfloatinghawaii.com

 

すっかり恒例行事となったメモリアルデーのランタンフローティングセレモニーが、今年もアラモアナビーチパークで開催されます。  

日本の灯篭流しは、先祖を偲ぶお盆の行事として知られていますが、他民族・他宗教の人々が暮らすハワイでは、人種や宗教の枠を超えて亡き人への祈りを捧げる行事として定着してきました。年々参加者は増加し、今年は4万人以上の人出が予想されます。  

灯りをともした3000個以上のランタンが、夕暮れのアラモアナビーチに浮かぶ眺めは荘厳で幻想的。参加者の心をいやし、ひとときの静寂をもたらしてくれます。  

会場ではライブミュージックやフラなどのパフォーマンスも楽しむことができます。ランタンは当日会場でも受け付けています(10:00am〜 なくなり次第終了)。

 

日本のメモリアルデー 8月15日の全国戦没者追悼式

日本では終戦記念日の8月15日に、日本政府の主催で全国戦没者追悼式が毎年行われています。第二次世界大戦の戦没者に対して、宗教的に中立の形で執り行われる式典です。  

第1回の追悼式は1952年5月2日に、新宿御苑で天皇・皇后の臨席のもとで開催されました。第2回は1959年3月28日に実施され、その後1963年以降は毎年8月15日に行われています。追悼の対象は、第二次世界大戦で戦死した旧大日本帝国軍人・軍属約230万人と、空襲や原子爆弾投下などで死亡した一般市民約80万人です。式場の正面には「全国戦没者之霊」と書かれた白木の柱が置かれます。  

式典開始は午前11時51分、所要時間は約1時間。現在の会場は日本武道館となっています。式典には天皇・皇后、内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官、各政党代表、地方公共団体代表が参列します。

 

 

 

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki 

http://www.cem.va.gov 

http://www2.va.gov 

http://usmemorialday.org

1 2 3

関連記事







その他の記事