戦没者を悼むアメリカの祝日、メモリアルデー

 05/27/2017 : 2691 Views

皮肉なことに、現在は多くの企業がコロンバスデーや復員軍人の日を休日とすることをやめており、大統領の日を営業日とする数も増えつつあります。

メモリアルデーは、南北戦争に起源を持つため、米国外では祝日ではありません。フランス、ベルギーだけでなくイギリスも、戦争で亡くなった軍人にリメンバランスデー (Remembrance Day 11月11日)を制定しています。リメンバランスデーは第一次世界大戦に起源を持ちます。アメリカではその日をベテランズデー(復員軍人の日)とし、すべての復員軍人に、生死を問わず敬意を払います。  

アイルランドでは、ナショナルデー・オブ・コメモレーション (National Day of Commemoration 7月11日に最も近い日曜日)に、過去の戦争や国際連合の従軍中に亡くなったすべてのアイルランドの人々を追悼しています。  

日本では、8月15日が終戦の日とされ、全国戦没者追悼式が行われています。

 

行事

多くのアメリカ人はメモリアルデーに墓地や記念碑を訪れます。国の追悼時刻はワシントン時間の午後3時。また、地方時間の夜明けから正午まで、星条旗の半旗の掲揚が各地で行われ、ボランティアによって国立墓地の墓の上に星条旗が置かれます。  

追悼に加えて、この日はピクニック、家族の集い、スポーツイベントの機会でもあります。最も長く続いているスポーツイベントは「インディ500」で、1911年以来メモリアルデー前日の日曜日に決勝レースがおこなわれています。  

一部のアメリカ人は、メモリアルデーを非公式な夏の始まり、レイバーデーを非公式な夏の終わりとみなしています。また、自動車事故やその他の安全に関する事故が起こりやすいシーズンが始まることを考慮して、シートベルト着用 (Click it or ticket)キャンペーンがメモリアルデーの週末から始まります。アメリカ空軍の「夏の重要な101日(101 Critical days of summer)」もこの日に始まります。  

一部のアメリカ人はメモリアルデーの週末に、兵士だけではなく亡くなった家族を悼むためにの日とみなしています。メモリアルデーに先立つ日曜日のキリスト教の教会の礼拝式では、過去1年間に亡くなった信者の名前の朗読が行われることもあります。

 

パンチボウル 国立太平洋記念墓地

 

アメリカにはプエルトリコを含む33州に131の国立墓地とモニュメントサイトがあります。パンチボウルの名前で知られる国立太平洋記念墓地は、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争などで戦死した兵士が埋葬されている国立墓地です。  

クレーター内の面積は約47万平方メートル。墓地正面には国の歴史建造物に指定されている高さ30フォートの女神像があり、女神像への階段の両脇には戦没者の名前が刻まれています。  

その形がフルーツパンチを入れるボウルの形に似ていることから「パンチボウル」と呼ばれるようになりましたが、ハワイ語では元々「Puowaina」と呼ばれており、意味は「生贄の丘」。その昔は生贄を捧げる祭壇として利用されていたという歴史があるのです。現在もこの名前は墓所に通じる道路Puowaina Driveとして残っています。  

カメハメハ大王の治世には、クレーターの淵に2台の砲台が設置され、特別な来訪者を迎える祝砲を上げる役割を果たしました。 1930年代にはクレーターはハワイのナショナルガードのライフル・レンジとして使用され、第二次大戦中はクレーターの淵に沿ってトンネルが掘られ、ホノルルハーバーやパールハーバーへの砲台が築かれました。  

国立太平洋記念墓地としてオープンしたのは1949年7月19日。最初の埋葬者は5人の兵士でした。現在は軍人だけでなく、1986年にスペースシャトル「チャレンジャー号」の事故で亡くなったハワイ出身の宇宙飛行士エリソン・オニヅカ氏など4万人以上が埋葬されています。

 

Office Hours: Monday thru Friday 8:00 a.m. to 4:30 p.m. Closed federal holidays except Memorial Day. Visitation Hours: The cemetery is open daily. Sept. 30 thru March 1, from 8:00 a.m. until 5:30 p.m. March 2 thru Sept. 29, from 8:00 a.m. until 6:30 p.m. On Memorial Day, the cemetery is open from 7:00 a.m. until 7:00 p.m.(2017年5月29日はホノルル市長主催のメモリアルデーセレモニー開催。関係者のみの出席)

1 2 3

関連記事







その他の記事