意識を失った70代の女性、ワイキキビーチ沖で発見される

 02/08/2015 : 549 Views

2月8日日曜日、ワイキキビーチ沖で70代の女性が意識を失っている状態で発見され、救急救命士が病院に搬送した。

救急医療サービスのスポークスウーマン、シェイン・エンライト氏によると、近くにいた人によって女性が発見されたのは、ワイキキの2cライフガードステーションにある大きなバニヤンツリーから15ヤードほど沖で、午前11時30分ごろだったという。水の深さは腰の高さくらいだった。

オーシャンセーフティは、救急車が到着するまで女性に心肺蘇生措置を行った。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事