州立病院から犯罪者が脱走し、カリフォルニアで拘束

 11/29/2017 : 425 Views

 殺人を犯しカネオヘの州立病院の精神病棟に収容されていたランドール・サイトウ容疑者59歳が12日、病院を脱走。カリフォルニア州ストックトンで15日に身柄を拘束された。容疑者は保釈を求めたが17日に却下され、次に出廷する27日までカリフォルニア州で拘束が続く。容疑者は「私がここに来たのは理由がある。ハワイ州立病院は安全ではない。この病院で37年間過ごしたが、私の態度は模範的だった。私は職員や他の患者に暴力を振るったことは無いが彼らから暴行を受けていた」と語った。

 病院を脱走した容疑者はマウイ島へ飛びその後カリフォルニア州のサンホゼに向かった。検察官は容疑者がハワイに送還されるまでの時間稼ぎをするために保釈を要求したと批判している。容疑者はハワイ送還を拒否する予定でいるが、脱走の罪でオアフ・コミュニティ・コレクショナル・センターの収監は免れないだろうと専門家は話す。

 容疑者は1979年にアラモアナ・センターの駐車場で女性に銃傷、刺傷を負わせ殺害。裁判では精神疾患による犯行を主張した。性的サディズムと死体性愛の障害があると診断され、刑務所では無く病院に収容されていた。

(日刊サン 2017. 11. 25)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事