女優ジェニファー・ローレンス 聖なる岩への非礼を謝罪

 12/17/2016 : 527 Views

オスカー受賞歴のある女優ジェニファー・ローレンス氏が9日金曜日フェイスブックで、彼女がハワイの神聖な岩を使ってお尻を掻くのに使用したという発言について謝罪した。 BBCのトークショー司会のグラハム・ノートン氏とのインタビュー内で、彼女が神聖な岩を自分のお尻を掻くのに使ったと話した。

 

ソーシャルメディアも全国的なメディアもローレンス氏の発言について批判や議論を呼び騒然とした。2013年に映画ハンガーゲーム2作目のためハワイで行われた撮影中、彼女はその岩に座ってはいけないと言われていた。 「それは神聖でその上に座ってはいけないの。だって岩に触れさせるべきではない部分だから」と彼女は出演中ノートン氏に話した。

 

「だけど私、撮影の間中ずっとウェットスーツを着ていて、だから、もう、その岩がお尻を掻くのに最適だったのよ!」 この26歳の女優はさらに、岩の一つが揺らいでその結果山から転げ音声技術者の近くに落ちたと話した。この事件を撮影現場で働いていた地元のスタッフが呪いのせいかと憶測したが、彼女は自分が原因だと分かっていたと話した。

 

9日金曜日のフェイスブックの投稿でローレンス氏は、「ハワイの人々を軽視するような意思は全くありませんでした。私は本当に、自分自身が呪いだったという事実について自虐的に考えていたのです。

 

しかし、不愉快に受けとめられる方法だったと理解していますし、気分を害した方には謝罪します」 彼女は、2013年の番組“ライブウィズケリーアンドマイケル”でも同様の話をしていた。

 

ハワイのフィルムコミッショナーであるドン・ドーソン氏は、ローレンス氏が撮影していた場所は、ハワイの事務局が管理するオアフ島のワイメア渓谷だったと述べた。 「彼女の発言は不適切でした。彼女の謝罪の発表を本当に嬉しく思います」と9日金曜日にドーソン氏は話していた。

 

「ネイティブハワイアンのコミュニティはおそらく私と同様、謝罪に感謝すると思います」 ハワイの映画製作会社のほとんどは文化的なコンサルタントを雇用するが、役者やスタッフに地元民の感受性について助言するためだとドーソン氏は述べた。

 

州もハワイでの撮影について、映画製作者がネイティブハワイアンの文化とコミュニティ全般を考慮して、環境的、文化的に注意しなければならない内容を含んだガイドラインを発行している。 ガイドブックが紙媒体でもデジタルフォーマットでも利用できるようプロトコルのガイドブックを制作中だとドーソン氏は話す。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事