ワイキキビーチに ハンマーヘッド・シャーク出現

 05/23/2015 : 582 Views

通称「ウォールズ」として知られるカパフルの防波堤付近で、ハンマーヘッド・シャーク(シュモクザメ)が目撃されたため、ホノルル市のライフガードが、18日月曜日朝、ワイキキビーチにサメ警告のサインを設置した。 サメが目撃されたのは午前6時15分ごろだった。その後、ライフガードはクヒオビーチ沖をパトロールしている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事