レール建設工事で影響ある店舗 割引プログラムの援助

 09/05/2015 : 539 Views

レール建設工事によるビジネスへの打撃を援助するために、ホノルル当局は、割引やその他特別なものを提供するなどして、地元の店舗を支援するプログラムを開始した。

 

“The Shop & Dine on the Line”とよばれるプログラムは26日水曜日、レール建設工事が行われているワイパフのファーリントンハイウエイとパールシティーとアイエアのカメハメハ ハイウエイ沿いの数十店舗とHARTがパートナーシップを結び、開始された。これに参加したレストランや店は、ビジネスを活性化させるために客に割引サービスを提供する。現段階で、65店舗が参加を表明している。

 

HARTのエグゼクティブディレクター兼CEOであるダン・グラバウスカス氏は、「このプログラムはでは、それぞれのビジネスに脚光をあて、様々な援助により割引を宣伝していく。プログラムの運営と展開にかかる費用は「最小限」におさえ、最終目標はイニシアチブを育てることだ」と述べた。

 

「交通渋滞や打撃など全ての問題を解決する万能策はあるでしょうか?答えは、ノーです」と、グラバウスカス氏は26日bucu

hbuc 水曜日、アイエアのシローズ・サイミン・ヘイブンで行われた記者会見で語った。「考え方としては、ここでビジネスをしている人たちは、お客さんを道の半分まで呼び込んでいます。だから、「ここに来てお買い物をしてくれたら、それに対して特別なボーナスを差し上げます」ともう一歩努力しましょうということです」

 

何ヶ月もの間、ビジネス経営者たちから、現在進行中の建設工事で店の敷地に繋がる左車線が閉鎖されているために交通渋滞が起き、多くの客が店に来ることを躊躇していると不満の声があがっている。

 

ワイマル・ショッピングセンターにあるシローズ・サイミン・ヘイブンの社長リンダ・マツオ氏は、このプログラムが有効だと信じて参加している。

 

「もしこのプログラムがきっかけでお客が来たら、私たちに損はありません」と語り、この8ヶ月間毎月1万ドルから1万5千ドルの損失がでていると付け加えた。

 

「レールのルートになっているカメハメハ・ハイウエイ沿いの全てのビジネスに対してどうか皆さんの支援をお願いしたいと私は強く訴えたいのです」と語り「私たちは皆、苦しんでいます」と続けた。

 

カーク・コールドウェル市長は、HARTを称賛しつつ、ビジネスを援助するさらなるアクションを要請している。

 

「これは建設工事中期間に確実に継続されるHARTによる非常に強力なプログラムとなるべき最初のステップであり、工事の影響下にあるビジネスを最大限支援していきます」と語った。

 

アイエアのパールカイ・ショッピングセンターのプロパティーマネージャー、ガレット・リットマン氏は、このプログラムは一部のテナントにとっては有効であるが、その他の店がこのプログラムに参加できるほど余裕があるかどうかは疑問であると述べた。

 

「現時点で苦しんでいるのに、どうやって割引やスペシャルを提供できるのでしょうか?それが現実です」とリットマン氏は言い、「しかし、同時に もし宣伝広告などに店の名前を載せてもらえるとしたら、良い機会にはなるとは思います」と語った。diry de


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事