ライエ・ポイントから飛び込み男性が死亡

 08/14/2017 : 725 Views

@PIXTA

 

オアフ島ノースショアで週末を楽しみに来ていたジーノ・カスピランさん38歳が5日、ライエ・ポイントから海へ飛込み、命を失う事故が起きた。

目撃者からカスピランさんがライエ・ポイントから飛び込んだ後に崖に戻って来れないと、消防と緊急医療サービスに通報があったのが午後12時50分頃。

緊急医療サービス局海洋安全部の広報担当、シェイン・エンライト氏は「男性が岩棚を登って来られないと通報がありましたが、実際には波に打たれて気を失っていたようです。水中で意識不明の状態で発見されました」と話す。

ライフガードが救命ボートで対応し、消防隊員が崖を下りて救出に向かった。事故当時、風が強く6~10フィートの波が立っていた。

カスピランさんは水中から救助され、心肺蘇生法を受けた後、病院へ運ばれたが5日夜に亡くなった。死亡原因究明のため、検視解剖が予定されている。

ライエ・ポイントは2008年の映画『Forgetting Sarah Marshall(寝取られ男のラブ・バカンス)』にも登場し、絶景の飛込みスポットとして知られている。しかし、ライフガードが配備されていない遠隔地でもあり、当局は飛び込みをしないよう強く警告している。

「飛び込むのは一瞬です。救助に向かっても間に合いません」と、エンライト氏は加えた。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事