マウイコーヒーショップのシンガー マティスヤフ本人と知らずに 一緒に歌う

 08/13/2016 : 602 Views

マウイ島に住む男性ケコア・アラマさんがコーヒーショップで即興演奏中、驚きのできごとが起こった。 アラマさんは、レゲー歌手マティスヤフの曲『ワン・デイ』を歌っていたのだが、店内の客ひとりが一緒に歌い始めた。2人は一緒に歌い終わり、アラマさんは「綺麗な声だね」と声をかけられたが、アーティスト本人だとは気づかなかった。

 

さらにマティスヤフは「誰がこの曲を書いたのか知っているかい?」と、本人であることを隠しながら楽しそうに尋ね、実はマティスヤフ本人だったことを明かした。 マティスヤフは、マウイ島とワイキキシェルで開催されるメイジャーレイジャーミュージックフェスティバルでハワイを訪れていた。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事