ホクレア号帰還イベント 予想参加者数は5万人超

 06/21/2017 : 714 Views

ハワイ住民達は世界周航を終えたホクレア号の歴史的な帰還を迎える準備を始めた。アラモアナ・リージョナル・パークとマジック・アイランドで6月17日に開催される帰還式典には5万人以上が集まると予想されている。 航海カヌーがハワイを旅立ってから旅した距離は約4万海里に渡り、23カ国地域を訪問し巡った港は150以上に上る。

「帰還式典に皆さんを歓迎します。ぜひ足を運んで、ホクレア号の帰還に立ち会ってください」と、カーク・コールドウェル市長は述べる。 しかし、これほど大規模な帰還式典となると制限も出てくる。マジック・アイランドの駐車場は、6月15日から17日まで立ち入り禁止。マッコイ・パビリオンのテニスコートに隣接する『キーホール・パーキング・エリア』も、6月17日から21日までは閉鎖される。 通常アラモアナ・ブルバードの海側は駐車が可能だが、式典当日の17日は利用禁止。

「できるかぎり式典にはバスを利用して下さい。21の路線がアラモアナセンターに運行しています。または、送迎してもらうか、カーシェアリング、自転車、徒歩での参加を検討してください」と、市の交通サービス課で副ディレクターを務めるジョン・ノウチ氏が述べた。 これらの駐車制限を補うため、ハワイコンベンションセンターの駐車場は午前7時から午後11時59分まで10ドルで利用可能となる予定。

また、マッキンリー・ハイスクールの駐車場が午前7時から午後7時まで無料で開放され、コンベンションセンターとハイスクールからはシャトルバスが運行される予定だ。

【週刊ニュースダイジェスト 6/7〜6/13】


関連記事






その他の記事