プリンス・クヒオ・デイ祝福 ワイキキに大勢の人集結

 04/02/2016 : 592 Views

26日、ジョナ・クヒオ・カラニアナオレ王子の誕生日を祝うために、何百人もの人がワイキキに集まった。

 

ハワイ・シヴィック・クラブと他のコミュニティメンバーが、当日の朝、カラカウア・アベニューからカピオラニ公園までパレードを行った。 ホオラウレアとホイケイケは、ラウハラの編み方やカパメーキングといった文化的アートを体験する機会を、観客たちに提供した。

 

「島中の人々が、毎年3月にこのイベントのためにワイキキにやってきて、クヒオ王子の生涯を祝います。ここにきて、コミュニティの人々とイベントを楽しむ訪問者たちの誇りとアロハに、私は圧倒されます」とハワイ・マオリのマイレ・アラウ氏は語った。

 

クヒオ王子はハワイテリトリー時代の政治家であり、アメリカ議会の代表であった。 彼はまた初のハワイ・シヴィック・クラブを創設し、ハワイアン・ホームステッド法の成立に尽力した。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事