フードトラックの屋台村 ウォーターフロントパークに移転

 01/28/2017 : 717 Views

ケワロ湾のフードトラックの屋台村メイカーズ・アンド・テイスターズが、27日金曜日のイート・ザ・ストリートのイベント終了後に閉鎖することを、16日月曜日に運営会社が発表した。 この27日のイベントが、運営会社のストリート・グラインズ社の敷地1011アラモアナブルバードで開催される最後の催しとなった。

 

毎月最終金曜日に開催されるフードトラック巡りのイベント、イート・ザ・ストリートの人気が高まり、主催者はフードトラックが定住できてレンタルスペースとしても貸し出せる場所探しに至った。2015年8月に、以前フィッシャーマンズ・ワーフ・レストランだった場所にメイカーズ・アンド・テイスターズがオープンした。

 

ストリート・グラインズは、悪天候と入場客用シェルターの建設許可取得の難しさを決断の要因として挙げ、これらの問題がフードトラックの存続を困難にさせたと述べている。 「今回の変化は、ハワイ中で地域イベントを主催するという私達の原点に戻る動きです」とストリート・グラインズ創立者のポニ・アスキュー氏が会見で述べた。

 

最後のケワロ・イート・ザ・ストリートは27日金曜日の午後5時から10時まで開催された。ストリート・グラインズは他の場所でもフードトラックのイベントを予定している。来月のイート・ザ・ストリートは2月24日に、102オヘストリートのカカアコ・ウォーターフロントパークで開催される予定だ。

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事