フランチャイズ事業の拡大場所として、 ハワイ全米4位にランクイン

 02/27/2016 : 538 Views

事業拡大に望ましい場所として、ハワイが全米第4位に選ばれた。最近の分析では、フランチャイズ企業は、ハワイに進出したがっていることが判明した。

 

1851フランチャイズ社とボーフリー社の2社による分析によると、以前にも増して、多くの企業が、ハワイでフランチャイズ展開を求めている。「より多くの洗練されたブランド企業が、ハワイへの拡大を探し求めています」と、1851フランチャイズのニック・ポーウィルス氏は述べた。「それらの企業は、ハワイで大きなインパクトを与えることができることも、また市場とギャップがあることも理解しています」

 

ポーウィルス氏は、ハワイは「見込み客を獲得する観点」からどのようにランクされたのか不確かであり、また実際にどれくらいのフランチャイズ企業が、ハワイで事業展開をするかもわからないとした。しかし、「焦点からみると、トップ10位から15位に素早くランクインする」と話した。

 

ハワイのフランチャイズ経営者の平均の消費者用クレジットカードスコアは、759.5で、全国平均748.15より若干高いと、フランチャイズ・ファイナンス・インデックスは述べている。ハワイでの必要平均クレジットカードスコアも196.5で、全国平均の191.38よりも若干高い数字になっている。

 

ハワイのフランチャイズオーナーは、平均流動的資産が$127,511で、退職金は$112,697であり、全国平均の流動資産$158,760と退職金$188,649よりも低い。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事