ヒルトン・ビレッジのラグーンで少年が重態

 04/01/2015 : 679 Views

救急医療サービスのレポートによると、4月1日午後、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのラグーンで、12歳の少年が溺れかけたのち、重態に陥った。

少年はワイキキリゾートのラグーンで、スタンドアップ・パドルボードでぶつかった弟を助けている間に、水の中で明らかにトラブルに見舞われたようだと、レポートは伝えている。

午後4時15分過ぎ、救急隊が現場に到着し、救急救命士が手当を行ったのちに少年は病院に搬送されたとEMSは伝えている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事