バイクシェア稼働から3カ月、利用回数は18万超

 10/26/2017 : 682 Views

@Yi-Chen Chiang / Shutterstock.com

 

 

ホノルル市初のバイクシェアプログラムBikiは7月から稼働し、9月までの3カ月間で利用された回数が18万272回であったことが9日に発表された。

プログラムを管理する非営利団体バイクシェア・ハワイによると、当初は近隣からの反対も多少あったが7月28日の稼働以降は1日の平均利用回数が増加していったという。

7月28日から31日までは1日につき1735台が利用され、8月の平均利用台数は1日あたり1918台、9月は2101台に伸びた。

「サービス開始からわずか3カ月にも関わらずBikiの利用回数の高さに喜んでいます。様々な料金プランを利用可能な点が好評です。ホノルル都市部の移動に役立ち、同時にCO2削減とカロリー消費にも貢献しています」と、バイクシェア・ハワイのエグゼクティブ・ディレクター、ロリ・マッカーニー氏。

バイクシェア業界では提供する自転車1台が1日に2回利用される事を基準としており、同氏は当初この数字に準じて1日2000回の利用を目標に掲げていた。

現在最も人気がある料金プランは、フリー・スピリット・パスで、20ドルでいつでも300分間利用できるパス。

Biki利用者のZIPコードで最も多いのはワイキキの96815、次いでダウンタウンとチャイナタウン地域の96813、マッカリーとモイリイリ地域の96826だった。

 

(日刊サン 2017. 10. 21)


関連記事



その他の記事