ハワイ州 朝の通勤渋滞緩和のために 2本目のジッパーレーン追加

 06/11/2016 : 550 Views

オアフ島西部の通勤者には朗報である。ハワイ州は8月に、H-1フリーウェイのタウン方面に2本目のジッパーレーンを加える。 ハワイ州運輸局のスポークスマンのティム・サカハラ氏は、移動式の高さ2フィート強のコンクリートバリアを、2本目のレーンを作るために移動させると発表した。

 

ジッパーレーンは、2人以上の人が乗車している車、バイク、電気自動車が利用できる。 職員はさらに、ジッパーレーンの開放時間を30分延長し、午前5時半から9時までとする。 ジッパーレーンの拡大は、私立校やハワイ大学の学生たちの学期が始まる前に開始されるように計画されている。

 

プロジェクトは西側方面のレーンにいくつかの線を入れ直す必要があるとサカハラ氏は語った。 サカハラ氏は、ジッパーレーンを追加するアイディアは、知事からの挑戦から生まれたと話す。知事は運輸局に、低コストで、渋滞緩和の早急な解決策を探せと要求したのである。

 

ジッパーレーンは、1998年に開始された。 この拡大は、ナナクリのファーリントン・ハイウェイに沿って午後の一方通行レーンを追加し、ナナクリアベニューからハレアカラストリートまでの車線拡大も同時に行われている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事