ハワイ州内の高校生が集結 ホームレスについて話し合う

 03/12/2016 : 479 Views

ハワイ州内の23校の高校生100名以上が5日土曜日、ハワイのホームレス生活者を救うための援助方法について議論した。 このイベントは、アロハタワー・マーケットプレイスで開催されている太平洋アジア問題評議会のグルーバル・ビジョン・サミットの一環である。
学生たちは、コミュニティの代表者たちとともに、実際のホームレスの人たちと、以前に路上で生活をしていた事がある人たちに会った。
「私たちは同じ社会、同じコミュニティで暮らしています。もしさらにポジティブなコミュニティにしたいなら、政府とホームレス間の理解が必要になります」と、プナホウ高校2年生の手にエール・エリスさんは語った。
参加者たちは地元の専門家たちの話しを聞き、また他国ではどのようにホームレス対策をしているか学びながら、国際的視野を学んだ。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事