ハワイ島でポリスチレン容器が禁止に

 03/09/2019

7月1日から施行されるポリスチレン製食品容器の禁止に向けて、ハワイ郡議会は2月18日の週に、行政規程の策定スケジュールを審議した。

同郡は、中小企業諮問委員会に規程草案作成を依頼し、中小企業規制審査委員会にその草案の審査を委託する予定。公聴会は4月に予定されている。

現在、レストラン経営者、食品販売業者、使い捨て容器で食品を販売している者は、バイオ・プラスチックや繊維ベースの製品などの認定堆肥プラスチック製品を使用することが奨励されている。郡の規程により、生分解性プラスチック製品研究所によって認定された堆肥プラスチック製品の使用が義務付けられることになる。これらの製品は、使用された後に、2020年7月1日までにオープン予定のハワイ郡の工業用堆肥化施設などで堆肥化される。

新しい法律では、ストロー、蓋、ナイフ・フォーク類は対象外となっているが、郡は、環境に優しいものに切り替えるよう指導している。

この新規定違反の罰金は、1件当たり10〜600ドル。違反に対しては、まず、書面による警告が出される。ポリスチレン製容器に入った食品の販売は、1件ごとが違反とみなされる。

(日刊サン 2019.03.09)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事