ハワイ山形県人会 設立50周年記念に「花笠音頭」を披露 まつりインハワイ パレードに参加

 06/20/2018 : 481 Views

Photo:Phi Hong

ハワイ山形県人会(会長齋藤譲一)は今年6月に設立50周年を迎えました。

それを記念して6月10日、「第39回まつりインハワイ Pan-Pacific Festival」に参加し、フェスティバルの最後を飾るパレードで「花笠音頭」を披露しました。カラフルな浴衣に、華麗な紅花で飾られた花笠を手にした総勢60名の先頭には、「祝50周年!ハワイ山形県人会」の横断幕を持つ齋藤会長。はずむような軽快な岩国グループのの太鼓の響きが一段と高まる中、ふるさと民謡「花笠音頭」を踊るのは、県人会有志と応援参加していただいた地元踊り愛好会の方々、コオラウ桜おどり会(ジーン・クロージアさん他23名)、岩国おどり会(マリオン・金森さん他16名)、花笠ガールズ(佐竹なおみさん他)でした。

 

ハワイ移民150周年記念イベントに呼応する形で、年初から土日返上して練習を重ねた踊りは、カラカウア通りに集ったたくさんの見物人を魅了。花笠音頭はすっかりハワイの人々に溶け込んだ馴染み深い踊りに成長しました。また、日本とハワイの架け橋役として人気のゆるキャラ「ホヌッピー(ハワイ島生まれのカメの子)」が急遽駆けつけ、花笠音頭のパレードに参加。ひときわ衆目を集めました。また9月17日には、設立50周年を記念して祝賀会を開催予定です。

 

パレードの先頭は、山形県人会・齋藤譲一会長

日本から応援に駆けつけた、ゆるキャラのホヌッピー

パレードに参加した、岩国おどり会のみなさん、コオラウ桜おどり会のみなさんとハワイ花笠&山形県人会

山形県出身の方、山形県に興味のある方の入会をお待ちしています。

【TEL】 808-927-1648  【Eメール】 Hawaiiyamagatakenjinkai@gmail.com

 

(日刊サン 2018.06.20)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事