ハワイ大学ロースクール 6,500万ドルのアップグレード拡大工事

 12/19/2015 : 620 Views

ハワイ大学マノア校のウィリアム・S. リチャードソン法科大学院では、事業の成長に合わせた基本計画の一環で、6500万ドルの改装と拡大工事を計画をしている。

 

基本計画は、法科大学院のフロアーを8万5千平方フィートから13万4千平方フィートに拡張し、図書館と西ウィングを改装、さらには、東ウィングに2階部分を増設し、コミュティー法的支援センターを建設する。

 

ホノルルに拠点を置くグループ70インターナショナルがプロジェクトの環境アセスメントの事前調査を行い、環境に重大なインパクトを与えることはないことを発表した。

 

このプロジェクトでは、西ウィングにある既存のコートヤードや、駐車場の修繕、歩行者用プラザや眺望の改善も含まれている。

 

コミュニティー法的支援センターは、法科大学院基本計画の中で最も重要なものとなっている。

 

センターは、法科大学院の既存のコミュニティー支援プログラムと、ディフェンスクリニック、法律扶助/家族法、医学/法的パートナーシップクリニック、カ・フリ・アオ&ネイティブハワイアン権利センター、高齢者/ベテラン法、中小企業クリニック、環境法クリニック、移民法クリニックとハワイ無罪プロジェクトなどの重要なプログラムのために必要なスペースを提供するのが目的である。

 

このセンターによって、法科大学院の学生たちは斬新で実用的な法律上のトレーニングにより能力を強化でき、同時にコミュニティーの社会的弱者を支援することができる。

 

基本計画の最初の7百万ドルの段階では、センター、駐車場と眺望の改善工事を行い、2016年から2017年のうちに開始される見込みだ。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事