ハワイー東北レインボープロジェクト、被災した高校生10人がハワイ体験

 08/07/2017 : 408 Views

つんく♂さんとの記念写真

 

 

在ホノルル日本国総領事館で7月29日、「ハワイ−東北レインボープロジェクト」に参加した高校生10人のお別れパーティが、総領事館とハワイシニアライフ協会の共催で行われた。

「ハワイ−東北レインボープロジェクト」は今回が2回目。東日本大震災で被災した宮城県の高校生たちを7月22日からハワイに招待し、ハワイの自然、文化、サステナビリティについて、体験的な学習を積んだ。

パーティーでは、高校生ら全員が英語で自分の体験をプレゼンテーションし、イメージしていたハワイと実際に訪れて体験したハワイとの違いや、人々の優しさ、自然とのつながりの深さなどをスピーチした。途中、サプライズでタレントの木梨憲武さんが登場し、全員とハグをしたり、第1回からサポートを続けるつんく♂さんが高校生からの質問に真摯に答えるコーナーが設けられるなど、3時間におよぶ充実したお別れパーティは幕を閉じた。

当プロジェクトの大久保良市さんは、継続のためのさらなる支援を呼びかけている。

歌を披露する高校生ら


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事