ハワイカイ ヘイアウ、窃盗のターゲットに

 06/11/2016 : 612 Views

ハワイカイにあるハヴェアヘイアウとケアヴァヴァ湿地帯のフェンスの内側に、50個のココナッツが地面に散らばっていた。 管理人兼リバブル・ハワイカイ・フイボードメンバーのサム・キャンプ氏は、散らかった様子を見た時は、大変ショックを受けたという。

 

「とにかくこの場所が侵害されたと思いました」と語った。 キャンプ氏は2日木曜日の夜に起きた、ココナッツ窃盗未遂事件の第一発見者の一人であった。犯人はチェーンの鍵がかかったフェンスを飛び越えて、この場所に侵入し、たくさんのココナッツを切り落としたと思われる。

 

「警備員は、男がフェンス越しにココナッツを投げているのを目撃しています。彼が現場に向かった時、犯人は逃げ去りました」とキャンプ氏は語った。 椰子の木はわざと刈らずにいた。それは、この場所に住んでいた古代ハワイアンたちがそのようにしていたからである。

 

「マウナルアが最初の西洋の地図に載ったのが1800年代です。つまり椰子の木は地図に載っており、今ここにある木は、その地図に載っている木の子供になるのです」と、リバブル・ハワイカイ・フイのアン・マリー・カーク氏は語った。 フイは、数年前にこの土地を開発から守った。

 

「ここは1000年以上もの歴史ある地域なのです。礼拝堂でもあり、人々が実際に暮らしていた場所でもあるのです。下には村だった場所もあります。このヘイアウを見る時、この土地を歩く時、1000年もの間、人々が歩いた土地を歩いているというのを考えて下さい」とカーク氏は述べた。

 

警察は、ウィンワードサイドで、ココナッツは1個5ドルでよく売られていると話す。カーク氏とキャンプ氏は、この土地のより深い理解と感謝をすることで、このような下級な犯罪を防ぐことを望んでいる。 「ここは私が住んでいる場所であり、私がいるコミュニティです。あなた自身が身を投じる場所であり、あなたの精神をこの場所に投じるのです。さらにこのようなことが起こるなら、コミュニティはますます前に進むように行動を起こすようになります」とカーク氏は述べた。

 

この場所を訪れたい場合は、毎月第2土曜日の朝8時半から正午まで、コミュニティが作業をする時に一般にも公開されている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事