ハワイアン・エアラインズとJALが 合弁会社を申請

 06/23/2018 : 493 Views

dejjf82 / Shutterstock.com
EQRoy / Shutterstock.com
 
 

 

ハワイアン・エアラインズと日本航空が、合弁会社の設立を申請していることが明らかになった。両社は合衆国運輸省に設立を申請中。 日本政府は、合弁会社の設立に関して独占禁止法の適用除外を求めている。申請文書によると、合弁会社によって運航スケジュールを調整し特定のコストや利益を分担、マーケティングや広告を協力して行う。 両社は、合弁会社設立によって、35万人の旅行者をハワイに増加させ、合衆国に4000の雇用を生み出せると話す。年内に承認を得て、来年中に合弁会社を設立できるよう望んでいるという。

(日刊サン 2018.06.23)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事