ハワイは心身の良好指数が全米で2番目に高い州

 02/19/2015 : 492 Views

心身の良好な状態を州別にランキングする「第7回ギャラップ・ヘルスウェイズ・ウェルビーイング・インデックス・ステイト・ランキング」で、ハワイ州は全米2位となった。1位はアラスカ州である。

残りの上位10位は、3位サウス・ダコタ州、4位ワイオミング州、5位モンタナ州、6位コロラド州、7位ネブラスカ州、8位ユタ州、9位ニューメキシコ州、10位テキサス州という結果だった。

一方、ケンタッキー州とウェストヴァージニア州は、それぞれ6年連続で全米で最も心身の良好指数が低い州となっている。

心身良好指数は、全米で実施された約177,000人のインタビューの結果を含んで作成されている。質問には、肉体的健康や目的意識、社会的関係、経済安定度、所属コミュニティでの人間関係といったトピックが含まれている。アラスカは上記5つのトピックすべてで1位となった。

一方、ハワイ州とコロラド州は、2008年以来毎年トップ10位に入っている唯一の州である。

同社は、3月にコミュニティ別ランキングを、5月にカウンティ別ランキングを発表する予定。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事