ハワイの犯罪率は低下、記録史上最低に

 09/15/2017 : 652 Views

@pixabay

 

ハワイの2016年の犯罪発生件数は40年以上前より記録が始まって以来最も少ない事が、31日に公表されたレポートにより明らかになった。

昨年報告された犯罪件数は4万5805件で、住民10万人あたり3206件だった。2015年よりも6%少なく、2007年の犯罪発生率よりも27%も減少。「犯罪統計の結果はハワイ4郡全ての警察の素晴らしい活動によるものです」と、ハワイ司法長官のダグ・チン氏がレポート発表会見で述べた。

州の3郡で暴力事件の発生率は低下。カウアイ郡は前年より24%、マウイ郡は19%、オアフ郡は2.5%低下。ハワイ郡だけは16%以上増加してしまったが、発生した全犯罪件数は25%近く減少している。窃盗事件も全体的に減少し、住民10万人に対し2965件の発生率。2007年の結果よりも28%低下した。

他にも犯罪の減少を記録したのは、カウアイ郡の犯罪件数、マウイ郡の犯罪発生率、オアフ島の強盗事件発生率だった。

 

(日刊サン 2017. 9. 9)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事