ハワイの失業率 3.5%に低下

 09/26/2015 : 861 Views

ハワイの失業率が7年連続で低下している。

州の労働・産業関係省は17日木曜日ハワイの季節調整済み失業率が先月、7月の3.7%から3.5%へと下がったと報告した。

州政府は、このレートは2008年3月の3.5%と同じもしくはさらに低レートだと発表している。

アメリカ全体では先月の季節調整済み失業率は5.1%だった。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事