ハワイで1日に2件の飛行機の不時着事件

 01/27/2015 : 540 Views

1月25日日曜日、オアフ島沖の水上に飛行機が不時着し、1時間以上救助を待った。遭難者の中には1歳の女の子も含まれていた。

4人を乗せていたセスナ172号機が、燃料切れを起こし、午後6時27分にレーダーから姿を消したとコーストガードは伝えている。飛行機はポカイ・ベイの真西11マイルの水上に不時着した。4人は無事に着水したが、ライフベストを持っていたのは2人だけだった。子供はライフベストを持っていなかった。

コーストガードのヘリコプターが現場に到着したのは午後7時31分。それから14分以内に全員がヘリコプターに吊り上げられた。ヘリコプターは救急車が待機しているバーバーズポイントに向かった。

救急救命士は、午後7時50分、1歳の女の子と22歳の女性、24歳の男性、37歳の男性を安定した状態で病院に搬送したと救急医療サービスのレポートは伝えている。

先の午後6時18分、パイロットはホノルル空港の航空交通管制塔にコンタクトを取り、燃料がなくなりかけているので、水上着陸する可能性があると伝えていた。

この日ハワイではもう1件の水上着陸があった。

シアトルのルー・モートンさんがカリフォルニア州トレイシーからカフルイに向かってシングルエンジンのCirrus SR22を操縦していたところ、燃料トラブルに見舞われた。

特別なエアフレームのパラシュートを使い、同機は9から12フィート下の水上に不時着した。コーストガードがマウイ島北東253マイルからクルーズシップVeendamを迂回させ、モートンさんは救出された。

全米交通安全委員会は、火曜日か水曜日に調査員が両パイロットの話を聞く予定だと述べている。両機は海に沈んだ。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事