ドミノ・ピザのFC経営者が ダウタウンにタコレストランオープン

 06/18/2016 : 618 Views

ドミノ・ピザのハワイフランチャイズ経営者が、ホノルルのデイビス・パシフィック・センター・オフィスタワー1階、元「ビストロ!ダウンタウン」があった場所に2店舗目のタコレストランをオープンすると発表した。

 

B.I.C.タコスは、ドミノ・ピザのハワイフランチャイズ経営者マイク・ロンペル氏が、彼の妻とエグゼクティブシェフの友人に任せる前に開発した案である。1店舗目は、2012年のベテランズ・デイに、パールハーバー・ヒッカム統合基地にオープンした。

 

「多くの米軍人が様々な地域で、美味しいメキシコ料理を食べていることから、手軽なメキシカンフードが基地内にあったらいいと思ったのです。軍のオハナたちは賛同してくれ、リピート客がたくさんいます」とロンペル氏は述べた。  約1年前、島中に美味しいメキシカン料理を求めている人がたくさんいると察し、基地の外にも店を開くことを決断した。

 

「シェフはテキサスで育ち、世界中で様々な料理を手がけてきましたが、彼はメキシカンフードとステーキが好きなのです」とロンペル氏は語った。  新B.I.Cタコスは、店名のイニシャルの意味はミステリアスのままにし、テックスメックスフード、アメリカンとメキシカン料理のフュージョン料理を提供するようになると話す。さらには、サンフランシスコで最初に人気となったミッション・スタイル・ブリトーもメニューに加える予定で、これは巨大サイズが特徴となる。

 

ロンペル氏は、レストランは最速で6月14日の開店を目指し、マーチャント・ストリートの元「ビストロ!ダウンタウン」のインフラをそのまま使用する予定であると語る。  約25名の従業員を雇い、2800平方フィートのスペースには、インドアとアウトドアの席が設けられる。

 

「我々は、あとはクリーンアップしてペイントをし、綺麗に片付けるだけです。もう間もなく完成です。オープン当日とその週は我々チームメンバーがメニューのチラシを配ります。これらのチラシには特別なオファーがあるかもしれません。」


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事