トランプ大統領が 4月の洪水を災害認定

 05/19/2018 : 379 Views

Nicole S Glass / Shutterstock.com

 

カウアイ島とオアフ島の家屋530棟以上に損害を与え被害額がおよそ2000万ドルに上った4月の洪水を、トランプ大統領が大規模災害として認定したことが8日に明らかになった。

 

この認定によって緊急対応や修繕、公共施設の建て替えに連邦資金から数百万ドルの拠出を受けることが可能になった。デービッド・イゲ知事は州、郡、連邦の各機関と協力し損害評価をまとめ5月2日に災害認定を申請していた。 オアフ島ウインドワードエリアとカウアイ島は4月13日から16日にかけて豪雨に見舞われ、地すべりや洪水が発生。カウアイ島ワイパでは24時間の降雨量が50インチ近くに及ぶ記録的な数字を残した。クヒオ・ハイウェイが地すべりにより遮断され、ハエナやワイニハの地域は孤立。イーストオアフでも大きな被害を受けた。ハワイ選出の4人の連邦議会議員は、イゲ知事の提出した災害認定申請を承認するよう大統領に要求。コリーン・ハナブサ下院議員はハワイ島プナ地区の火山活動も含め、現在3つの島が災害被害に苦しんでいると語る。「ハワイの人々は困難に直面していても近隣の人々を助け、州内のあらゆる場所から援助に駆け付けます。私達は一団となって乗り越えます」と会見で述べた。

 

カウアイ島ノースショアで洪水被害の修復作業にあたっていたヘリコプターが8日、動力を失いルマハイに緊急着陸している。当局の発表によるとパイロットにけがはなかった。ワイニハとハエナから廃棄物をプリンスビル空港まで運送中の事故だった。連邦航空管理局が調査を進めている。州の保健局は8日、ハナレイ・ベイの汚水警報を解除。他の7つのビーチでは警報の発令が続いている。ハワイコミュニティ・ファウンデーション・カウアイ救援・修復基金により児童保護サービスが提供されており、5299クヒオ・ハイウェイのハナレイ・センターで5月中の平日午前10時から午後2時まで無償で相談を受付けている。

 

詳細は808-245-4195まで電話を。

 

(日刊サン 2018.05.18)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事