ツアーボートに溶岩が直撃23人が負傷

 07/21/2018 : 154 Views

ハワイ郡当局によると、カポホ湾沖で16日朝、ツアーボートに噴火活動による溶岩が飛来し乗客少なくとも23名が負傷した。ボートは49名の乗客を乗せ、キラウエア火山の火山流が海へ流れ出るカポホのポイントを見学していた。バスケットボール大の溶岩はツアーボートの屋根を破り、20代とみられる1人の女性が重傷を負った。 アメリカ沿岸警備隊が事故の報告を受けたのは、午前6時頃。負傷者を乗せたボートは午前7時頃にヒロのワイロア・ハーバーに着いた。州の土地自然資源局(DLNR)は沿岸警備隊、ハワイ郡警察と協力し事件の調査を進めている。 5月3日から続く火山活動は衰えておらず、事件の数日前から最も活発な裂け目から溶岩流が噴出しカポホ沖に小さな島を形成し始めていた。

 

(日刊サン 2018.07.21)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事