チャイナタウンに新バー “シン・ラウンジ”

 10/01/2016 : 504 Views

 ケヴィンとアントニアのマクドナルド夫妻が率いるホノルル発祥のシャドウエンターテイメントエンタープライズは、フレッシュカフェとインディゴレストランがあった1111ヌウアヌアべニューに“Sin Lounge”を建設する。このため$20,000を支払った。
 シャドウエンターテイメントは、“Sin Lounge”及びS.I.N.の文字に付随するデザインをサービス商標として州に登録した。サービス商標とは、商品ではなく役務の内容を商標として登録するために用いられるもの。S.I.N.の事業目的とそのデザインは、プレミアムな飲料の製造と提供を狙いとしている。
 
ホノルル発祥のアーキテクノロージー社の建築家ジョン・ローソン氏がこのプロジェクトの建築家として名を連ねている。この物件の所有者はエリザベス・スタック氏。
 チャイナタウンはここ数年で新しいバーやレストランを着実に増やしてきている。
 Sin Loungeが加わることになるエリアには次のような店舗が並んでいる。
 
ティンティンバー、フェイト、グロンディン、ラッキーベリー、ライブストックタバーン、ダムコック、パレットクラフト&イータリー、レインオンフォートストリート、HASRビストロ、ザピッグ&ザレディなど。さらに、セニア、ブリックファイアタバーン、ハチベイハワイ、ベテルユニオン、ピッチャーズ、オンカーサルーンが近日中に開店を予定している。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事