ジェイムズ・ビアード賞セミファイナリストにハワイのシェフ3名が選出

 02/19/2015 : 640 Views

アメリカで最も権威のある料理の賞のひとつ、「2015年ジェイムズ・ビアード賞に、ハワイから3人のシェフがセミファイナリストに選出された。

ハワイから唯一「アウトスタンディング・ペイストリー・シェフ部門」のセミファイナリストに選ばれたのは、MWレストランのカー・ウエオカ氏。「ベスト・シェフ:ウェスト部門」には、Townのエド・ケニー氏と、The Pig & the Lady のアンドリュー・リー氏が選出されている。

セミファイナリストからのノミネート者は、3月24日に発表される。続いて、授賞式は5月4日にシカゴで開催される予定である。

元アラン・ウォンズのペイストリーシェフ、カー・ウエオカ氏は、夫で元アラン・ウォンズのシェフ・ド・キュイジーヌだったウェイド・ウエオカ氏と一緒に、2013年にMWレストランをオープンした。昨年もカー・ウエオカ氏とMWレストランは、ジェイムズ・ビアード賞にノミネートされていた。(ベスト・ニュー・レストラン部門とアウトスタンディング・ペイストリー・シェフ部門)2012年には、StarChefs.com でライジング・スター・シェフ賞を受賞している。

2005年にTownをオープンしたケニー氏は、2013年と2014年と同じカテゴリーに選出された。2012年にはStarChefs.com のハワイ・ライジング・レストラン賞を受賞している。ケニー氏は、ハワイのローカル番組「ファミリー・イングレディエンツ」の司会も務めている。これはエミー賞を受賞したフード・トラベル番組で、今年PBSの全国ネットで放映される予定となっている。ケニー氏は、ハワイのフード・サステイナビリティのチャンピオンとみなされている。

リー氏は、ポップアップ・ディナーでローカルの美食家を熱狂させ、ファーマーズマーケットを経て2013年にチャイナタウンでThe Pig & the Ladyをオープンした。昨年は、ジェームズ・ビアード賞のライジング・スター・シェフ・オブ・ザ・イヤー部門でセミファイナリストに選ばれた。2012年、StarChefs.comではハワイ・ライジング・スター・シェフ賞を受賞した。

ジェームズ・ビアード賞は、アメリカの料理・レストラン界におけるアカデミー賞である。ジェイムズ・ビアード・ファンデーションは、料理本の作家であり教師だったイコン的存在、ジェームズ・ビアードに基づいて名付けられた非営利団体である。アメリカの料理界で、さまざまなイベントやプログラムを提供している。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事