シロアリ被害、ホノルルは全米14位

 03/16/2015 : 524 Views

住宅の劣化をまねく虫の繁殖傾向にも関わらず、全米都市のシロアリ被害ランキングで、ホノルルは14位にとどまった。

アメリカの害虫コントロール企業「Terminix社」が16日月曜日に発表した年間ランキングは、全米300支店以上のデータをもとに編纂された。

ランキングの上位は、1位ロサンゼルス、2位サンフランシスコ、3位ダラス・フォートワース、4位サンディエゴ、5位ヒューストンで、カルフォルニア州とテキサス州が占めた。

以下、6位フロリダ州マイアミ‐フォート・ローダーデール、7位アリゾナ州フェニックス、8位ジョージア州アトランタ、9位カリフォルニア州サクラメント、10位オクラホマ州オクラホマシティ。

11位フロリダ州タンパ‐セントピータースバーグ、12位マサチューセッツ州ボストン、13位ワシントン特別区と続き、ホノルルは14位だった。

「シロアリはアラスカを除く全米50州で活発に活動しています。保険のきかない何千ドルものダメージを、全米で定期的に引き起こしているのです」同社のテクニカル・スぺシャリストであり、木材を破壊する昆虫の専門家であるダグ・ウェブ氏は述べている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事