サーフィンのビッグ・ウェーブ賞のファイナリストにハワイのサーファーが多数ノミネート

 04/06/2015 : 534 Views

サーフィンのプロツアー「ワールド・サーフ・リーグ(WSL:旧ASP)」の「2015年ビッグ・ウエーブ・アウォード」の総合パフォーマンス部門で、ファイナリスト5人のうち、ハワイから男子4人、女子3人が選出された。

ハワイのファイナリストには、優勝経験者のシェーン・ドリアンとケアラ・ケネリー、「ビッグ・ウェーブ」のチャンピオン、マクア・ロスマンが含まれている。

マウイのサーファー、ビリー・ケンパーも「ワイプアウト・オブ・ザ・イヤー賞」に選出されている。これは、最もコミットしたけれど最も成功しなかった選手に贈られる賞である。

「総合パフォーマンス部門は、WSLビッグ・ウェーブ・アウォードの中でも最も重要な賞です。一貫して素晴らしいパフォーマンスを見せた選手が選出されます。他の賞には、すべてが適切に行われたパフォーマンスを選ぶものもあります。しかし、これらの部門は、年間を通して最も卓越したパフォーマンスを続けた真のチャンピオンを認めるものです」ビッグ・ウェーブ・アウォードのイベント・ディレクター、ビル・シャープしはニュースリリースで述べている。

ワイプアウト・オブ・ザ・イヤーは、「反対側の賞のようなもの、年間で最も偉大な失敗賞です。しかし、誰も怪我をしない限り、優れたワイプアウトを皆愛しています。そして、それがイベントの中で最も人気のある部分のひとつです。サーファーが自分のボードから落ちて、百万ガロンの海水に突っ込んで立ち向かっているときに、何が起こったのか理解するために、ビッグウェーブ・パフォーマンスの微妙な違いにおける専門家になる必要はありません」

ハワイのドリアンと南アフリカのグラント・ベイカー、初めてファイナリストに残ったハワイのロスマン、トレバー・カールソン、アルビー・レイヤーの5人が、5,000ドルの男子総合パフォーマンス賞を争う。

この賞は、最も多くの大会で際立って優れたパフォーマンスを見せただけでなく、海の安全のリーダーとして高度なレベルのパフォーマンスを行った選手に贈られる。

女子のベスト総合パフォーマンス賞のファイナリストは、ハワイのケネリーとその仲間のペイジ・アルムス、エミ・エリクソン、ブラジルのシルバ・ナブコ、カリフォルニアのジャマイラ・スターの5人。

ワイプアウト賞のサーファーには2,000ドル、ビデオグラファーには1,000ドルが贈られる。

ワイプアウト賞のファイナリストは、オーストラリアのスコット・デニス、ブラジルのマルシオ・フレイアー、ケンパー、ジェイミー・ミッシェル、サンディエゴのマーフィーの5名。

ワールド・サーフ・リーグのビッグ・アウォードの期間は、2014年3月20日から2015年3月20日まで。ライディングの写真とビデオに基づいて、審査員団によって選ばれる。受賞者は、5月1日カリフォルニア州アナハイムで発表される予定。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事