クラゲの大量発生でハナウマ・ベイ閉鎖

 08/11/2018 : 225 Views

最も人気のある観光スポットであるハナウマ・ベイ自然保護区で6日、午前9時までにクラゲに刺される事態が60件以上も発生。公園レクリエーション課の広報担当が同日、クラゲの異常発生による閉鎖を発表した。  同課の公共情報担当職員のネイサン・ソラタ氏によると、クラゲの大量発生による閉鎖は大変稀だという。  緊急事態による閉鎖は、2月にバクテリアが基準値を超えた際にも起きている。ビジターセンターや展望台の営業は6日も続けられた。  ワイキキ水族館によると、ハナウマ・ベイやワイキキ、ワイアナエを含むオアフ島南岸ではクラゲの急増は珍しくない。月や潮の特定の条件によってクラゲの繁殖が起こるため通常、満月の後の8~10日の間に発生するという。

(日刊サン 2018.08.11)

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事