クヒオ・アヴェニューのビル、テナントに退去通告

 02/07/2018 : 500 Views

シーサイド・バー・アンド・グリルが25日を最後に4ドル95セントのブレックファスト・スペシャルの提供を終えた。

レストランのザ・ワイキキを含むクヒオ・アヴェニューに面した複合ビルに店舗を構える10数店が閉業に追いやられている。店舗経営者の数人は、リースの期限が1月末まであるにも関わらず、地主のHPM社から25日までの退去を命じる突然の通知を受け取ったと語る。

他のテナントの経営者は、公式な通知を受け取っておらず営業を続けると話している。 この複合ビルには多種多様なビジネスが混在している。テナントは、シーサイド・バー・アンド・グリル、ナイトクラブ、タトゥーショップ、スワット・ガン・クラブ、ストリップクラブのハワイ・バイ・ナイト、アダルトビデオ店のキング・ビデオなどなど。 クラブ・アレー・キャットは昨年9月に男がライフルを発砲した事件現場でもある。

この事件で22歳のマレコ・マック・レムリンガーさんが死亡、他2名が負傷した。 強制退去についてHPM社の代表からコメントは得られていない。

(日刊サン 2018.02.03)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事