カリヒの小学校  6万ドルの助成金で 子供達に週末の食事を配給

 08/06/2016 : 478 Views

カリヒのプリンセス・カイウラニ小学校の生徒達に、今後、毎週末に栄養のある食事が配給される。ウォルマート財団からハワイフードバンクに提供された助成金6万ドルでまかなわれる。

 

補助金によって2016-17学年度にフードバンクのケイキプログラムの食事を支援する。給食がない週末用に、袋いっぱいに詰め込んだ簡易食を毎週金曜日に学生たちに配給する。

 

ウォルマート財団のハワイ・マーケットマネージャーのスティーブン・リード氏は「この配給によって、特に小学校の生徒達が次の食事はどこで手に入るのか心配する必要がなくなります」と語った。

 

学校長のジル・プレタシー氏は「2015-16学年度では、学校生徒の92%がランチ代が無料もしくは割引対象で、そのうち13%はホームレスである」と話している。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事